リフォームをするときは、リフォーム雑誌やインターネットのリフォーム情報サイトに、リフォーム会社の情報を得るそうです。リフォーム会社というのにもいろいろなタイプがあるそうです。

リフォーム会社という業態自体がそれほど歴史があるわけではないそうです。以前は建設会社などによる修繕が中心だったそうです。しかし、近年では、修繕というものだけでなく、より暮らしやすい住まいへと改善するという人たちも増えて、リフォームを専門に行う業者も増えたそうです。そのため、建設会社系だったり、設備工事系だったりとさまざまなリフォーム会社があるそうです。それぞれに得意分野や独特のテイストが売りのところもあるそうです。会社をチェックする場合は、どういった系統のリフォーム会社かというのも踏まえておくのもいいそうです。

依頼先は、建築家という選択肢もあるそうです。実際に工事を行うのは工務店となるそうですが、建築家が設計し、見積もりや工事のチェックをするそうです。第三者的な立場なのだそうで、そういった立場で見積書の内容を精査したり、工事を見てくれる安心感があるそうです。

設計のテイストは個々の建築家で異なるそうなので、ホームページなどで確認するといいそうです。どのような依頼先を選ぶにしても、自分の志向とあっているかどうかがとても大切になるそうです。デザインだけではなく、会社の規模やシステム、親しみやすさというのもポイントになってくるそうです。

リフォーム専業系、建設会社・工務店系、設備会社系、インテリアショップ系、不動産会社系と強みもそれぞれ違ってくるそうです。自分が何を求めているか、もう一度じっくりと考える必要があるそうです。

リフォームの依頼先の探し方トップへ