塗料を、塗膜の主成分で分類した場合、次のようになります。大きな分類として、①油性塗料②酒精塗料③セルロース塗料④合成樹脂塗料⑤その他となります。

この中で、④の合成樹脂塗料は更に分類分けすると、溶剤系塗料、水系塗料、無溶剤系塗料となります。次に大分類された各塗料の具体的名称を挙げてみます。

①油性塗料は、ボイル油、調合ペイント、油ワニス、さび止めペイント、ルーフペイント②酒精塗料としては、セラックニスがあります。③セラロース塗料では、ラッカー、ハイソリッドラッカー、(NC)アクリルラッカー、(CAB)アクリルラッカーなどです。④合成樹脂塗料のうち、溶剤系塗料としては、フェノール樹脂塗料、アルキド樹脂塗料、合成樹脂調合ペイント、合成樹脂さび止めペイント、酸硬化アミノアルキド樹脂塗料、熱硬化アミノアルミド樹脂塗料、熱硬化アクリル樹脂塗料、ポリエステル樹脂塗料、ポリウレタン樹脂塗料、エポキシ樹脂塗料、エッチングプライマー、塩化ビニル樹脂塗料、塩化ゴム塗料、高温焼付ふっ素樹脂塗料、アクリルシリコン樹脂塗料、常乾ふっ素樹脂塗料があります。

次に、③の中で水系塗料として、ふっ素樹脂エマルション塗料、アクリルシリコン樹脂エマルション塗料、酢酸ビニルエマルション塗料、アクリルエマルション塗料、反応硬化型エマルション塗料、水溶性樹脂塗料、水性ワニスなどです。③の最後が、無溶剤系塗料で具体的な名称は、粉体塗料、溶融型トラフィックペイント、エポキシ樹脂系無溶剤塗料、ウレタン樹脂系無溶剤塗料です。⑤のその他として、漆、カシュー樹脂塗料が挙げられます。