人を見違えるようにお洒落に変身させてしまうスタイリストと同様、住宅を見違えるような素敵な建物に仕立て上げるのがカラーコーディネーターと呼ばれている人たちです。従来の塗装業者というイメージから、最近は、カラーコーディネートされた家の塗装を提案してくれる業者が増えています。一生に何度もない貴重なチャンスを、折角だから生かそうという世相の現れと、“個性”の時代と言われている時代背景があるからなのかもしれません。以前なら、家の塗装の塗り替えは、今まで通りでという“踏襲”を希望される世代が多くを占めていたのが、最近は他と違う“オリジナリティ”を尊重したお洒落な色使いを要求されるお客様は多くなってきている、とよく聞きます。