皆さんでしたら家相の良い使いにくい住宅と、家相は悪いけれど使いやすい住宅のどちらを選ばれますか。家相は気になるけれども使いにく間取りは、のちのストレスになりそうだ、けれども家相が・・。などとどっちつかずの判断で、結局どちらも選べないという方も多いかもしれません。

実は一説によりますと「家相」は、先人たちの単なる生活の知恵とされ、一般的に家を立てるときのマニュアル的なものが、現代にそのまま伝わっているも言われているそうなのです。

一説によるところですので、実際のところはなんとも言えないのですが、たとえば北東の便所には子宝に恵まれないといった家相は、家の北東側に便所を配置いたしますと、冬は冷えるであろうことから女性の冷えを意識した間取りになっていることが推測されるのだそうです。