外壁塗装を行うことで、外観が綺麗になるだけでなく、雨漏りなどのトラブルを防ぐ効果が期待できます。外壁塗装用の塗料には防水加工が施されていますが、経年劣化を起こすと防水効果が徐々に失われたり、亀裂が入ったりして、そこから雨水が侵入するようになります。雨漏りは住まいを傷ませたり、家の中のカビの原因となったりするので要注意です。このようなトラブルを避けるためにも、定期的に外壁塗装を行う必要があります。外壁が亀裂が入っていたり、白く粉をふいていたりすれば、寿命が来ています。外壁塗装の寿命は塗料の種類によってかなり変わってきますが、一般的には15年前後で一度塗り替えるのがおすすめです。もちろん、その前に上記のサインが出ていれば前倒しするのが良いでしょう。