外壁塗装を頼むタイミングは人によって異なります。そのなかで特に多いのは外壁の表面がよごれてきたときです。差塗ったときは綺麗でも、時間とともに劣化していくのは避けられません。風雨を受けていると、空気中の埃や雨に混じった物質が付着してしまいます。水分の影響によって苔が生えてくることも多いですし、カビが発生することも珍しくありません。言い換えると、よごれにくい外装であれば、たびたび塗り直さなくて済むということです。タイルやサイディングはよごれが付きにくいので、特にこだわりがなければこの2種類から選と良いでしょう。水に強いので、雨水が侵入することを防ぐ効果も期待できます。ただし、どんな外壁塗装でも定期的に点検することが欠かせません。