建築家とのリフォームは、打ち合わせを終えて設計が固まったら、工事業者を選定する作業に入ります。その際に、建築家の方から実績のある工務店を数社、紹介してくれることが多いようです。また、客側から知り合いの工務店を指定する場合もあります。

もちろん、建築家はこういう場合でもその工務店との仕事を引き受けますが、中には過去に仕事をした工務店としか組みたくないという建築家もいます。

こういった場合は、馴れ合いに注意すべきではありますが、ただ、初めての工務店は未知数なので、技術力も良く分からないし、得意分野や苦手分野もわかりません。

こういったことから建築家が不安に感じるのは当然のことだと思います。

また、過去に一度でも仕事をしたことがある工務店ならば、建築家の工事方法を理解してくれているという安心感もあります。